徹底した院内感染予防に向けた滅菌処理の実施|鳥栖市の歯医者さん「元町歯科診療所」

診療予約はこちら

元町歯科診療所

menu

院内感染予防の取り組み

安心してご来院いただくために

「他人の治療に使用した機械は、自分の治療に使わないで欲しい」とお考えの患者さんも多いと思います。鳥栖市の「元町歯科診療所」では、世界でもっとも厳格な滅菌基準である「クラスB」に準拠した洗浄や消毒の工程を採用。院内感染予防に注力し、患者さんが安心してご来院いただける歯医者さんを目指しております。

世界でもっとも厳しいヨーロッパ基準「クラスB」の滅菌システム

バキュクレーブ31B+
バキュクレーブ31B+

バキュクレーブ31B+は、世界最高クラスの滅菌システムを達成できる高性能なオートクレーブ。滅菌前、乾燥時に真空状態を数回作り、飽和水蒸気を流し込むという仕組みです。これにより、さまざまな病原菌やウィルスが滅菌できるのです。

DACユニバーサル

DACユニバーサルは、歯科医療に使用するタービン、コントラ、ハンドピース(治療用ドリル)などを滅菌洗浄するシステムです。無菌の精製水を用いて機械の内外洗浄、オイルの注油,滅菌処理までの行程を全自動で行います。従来の薬液消毒やオートクレーブ(高圧滅菌器)と比較すると、短時間で高度な滅菌処理ができる点がメリットです。

当院では、このDACユニバーサルと複数のハンドピースを使用し、高度な器材の洗浄と滅菌を実現しています。従来の方法では手間や時間がかかりますが、DACユニバーサルなら手間や時間をかけずに消毒できるため、患者さんをお待たせせずに治療ができるようになりました。

滅菌のクラスわけについて

クラスN・・・歯科医院が一般的に行っている滅菌方法。蒸気と空気の重量差による空気除去を行います。ミラーや単純な器具の滅菌を指します。

クラスS・・・滅菌前に1回、真空状態を作って高圧蒸気滅菌を行います。口腔内の唾液を吸うチューブや複雑な器具の滅菌を行います。

クラスB・・・滅菌前に何度も真空状態を作ることで、さまざまな病原菌やウィルスを滅菌します。歯を削るタービン、コントラなどの複雑な器具の滅菌を行います。当院ではクラスB基準の滅菌システムを採用しています。

元町歯科診療所の滅菌

当院では上記器材の導入をはじめ、滅菌処理に力を入れております。目に見えない部分だからこそ常に細心の注意を払い、患者さんの安全を第一に考えた治療を実践します。ここからは、当院が行うさまざまな滅菌方法についてご紹介します。

予備洗浄

目に見える付着物を除去しなければ、完全な消毒や滅菌を行うことができません。当院では手洗いによる洗浄を行います。当院では歯科器材専用の自動洗浄機も採用しています。

音波洗浄

超音波洗浄器によって、手洗いが難しい汚れや複雑な形状の器具を洗浄します。1秒間に2,000回以上の振動により、汚れを除去します。

滅菌

当院ではバキュクレーブ31B+による高圧蒸気滅菌を行います。高温・高圧の蒸気で滅菌処理します。120℃以上の温度で滅菌することで、細菌や微生物を完全に死滅することができます。

高温や高圧で滅菌することができないプラスチックやゴムでできた器具は、グルタラールアルデヒド製剤による高水準消毒をおこないます。丁寧な洗浄、殺菌処理を心がけておりますので、衛生面が気になる方もご安心ください。

空気洗浄

また、空気清浄機を設置し、目に見えない空気中の浮遊菌や臭いを除去し、安心して治療を受けられる空間にしております。

電解水での手洗い

院内感染防止のため電解水で手洗いしております。

「元町歯科診療所」は滅菌処理に力を入れております。
安心してご来院ください。